設立趣意書  ・会則  ・入会案内  ・活動報告  ・資料室 




Q.涼風会はどんな団体なの?


A.涼風会は将来の日本の国益を担う人材を育成する勉強会集団です。政治的な何かを実行するための団体ではなく、インテリジェンスクラブとして自己の知識見識を増やし、人脈を広げていく場所です。

当会は「今の日本を何とかしたい!」、「より良い日本を作っていきたい!」という有志がインターネットでの縁で出会って、ともに勉強をし、その力を結集し て勉強会やイベントなど様々な活動を行います。基本コンセプトは「国益重視」のみであり、個人の思想の右左は「国益重視」さえ尊重していれば関係ありませ ん。共に切磋琢磨してこれからの日本を担っていく人材を育成し、国益のために活動する人間を増やす契機となることが当会の主目的なのです。また、そのことにより、活発な議論と国益への寄与意識をインターネット上で喚起することも目的としています。

 利害関係なく、志を共にする仲間が集まって活動していますが、それによって特定の思想を広げようというものではありません。あくまでも勉強の場や活動の場を共有するための会です。よって、涼風会は政治団体でも、宗教団体でもありません。さらに言えば、決して右翼団体などではありません!ま た、当会が主となってデモなどを行うことはございません。最近間違われ易いので特に明記しておきます。少し皮肉を言いますと、「ネット右翼」などという言 葉を自分で物事を考えもせずに安易に使うほうに問題があるのではないか?、というスタンスの会です。国益のための活動というのは人に与えられたことをやる のではなく、自分で考えて動くものだと考えます。「入会したのに涼風会は何もやってくれない」という不満をもたれる方は当会とは相性が良くないと考えま す。「当会で学んだことや出会った人脈を自分の国益活動に生かせる」という方を求めております。


Q.具体的には何をするの?


A.月1回程度、週末に都内で開く勉強会が活動の中心となります。1月、4月、12月などは多忙な時期ですので勉強会が開かれないこともありますので現時点では年に7回程度の勉強会が開催されています。

テーマについては政治・経済・社会問題などを中心に面白いことは何でも勉強します。また、特定の分野を一貫して勉強していく分科会も開催しています。勉強会・分科会ともに各分野の著名な専門家を講師としてお招きして活動を行っています。 また、企業グループを作って一緒にビジネスをしたり、運動や遊びなどの趣味の部活動も頻繁に開催されています。これにより、たんに人脈を豊かにするだけで なく、友人を作ることが出来るのも大きな特徴です。これも1人の力ではなく、大勢の力を結集すればこそできることです。基本的には会員が一丸となって楽し みながら勉強していく活動をしています。

 会員の交流には涼風会専用のSNS(ソーシャルネットワークサービス。簡単に言えばmixiみたいなもの)が活用されており、その中では勉強会の出欠調整から部活動の調整、情報の交換や議論まで様々なことが行われています。過去に行われた勉強会の動画などもSNSで閲覧することができますので、入会時期による不利益などは殆どありません。

 最初は「何をするの?」というスタンスで入ってきた方でも、そのうち自らが「これをやりませんか?」と提案をし、会の活動の軸になっている方もたくさん います。また、失礼を承知で書きますが、いつまでたっても「会は何を僕にしてくれるの?」というスタンスで、誰かが何かをしてくれるのを待ち続けているよ うな方では当会に参加していただくメリットは少ないと思います。活動の場はいくらでも用意されているので、自らが積極的に活動をしてくれる方の参加をお待 ちしています。当会のコンセプトは「自ら積極的に動くこと!」なのです。


Q.お金はかかるのですか?


A.真剣な会である以上、当然費用はかかります。 当会の基本的なスタンスは「有益な情報や知識を得たり、人脈の交流をするにはそれなりの対価が必要となる」というものです。また、対価を支払う覚悟がある こそ、熱意をもって活動できるのではないでしょうか。日本は特にその概念が浸透しておらず、「水や空気と同じように有益な環境や情報もタダにしろ」という 風潮があります。それこそが日本が情報戦に弱い原因でもあるのです。それに本気で会を設立する以上、事務所を構えたり、運営資金や維持費も必要となりま す。各種連絡を書面でするときや、勉強会のセッティングをするときにも費用はかかります。しかしながら、当会は営利が目的ではありません。最低限の会費で賄う努力はいたします。具体的な費用は以下の通りです。(第3回追加募集から金額が変更になりました)

個人の会員 入会金 なし 年会費 5000円


なお、志を理解し、応援してくれる方からの寄付も歓迎いたします。


Q.地方の人間でも参加できますか?


A.都内で開かれる勉強会に参加することが難しい方に対して、動画で勉強会の様子を配信をしています。勉強会での専門家の講義の様子を余すことなくお届けしますので、地域による格差はほとんどありません。これは所要で勉強会に参加できなかった会員の方も同様です。なお、動画はSNSでのDL形式が中心ですが、見れない方には極力サポートしますのでPCの環境による格差もありません。また、会員が充実してきた2年目からは各地方での勉強会も行っております。特に会員の多い名古屋・大阪・福岡あたりでは定期的に開催していく予定です。

この金額で出来るところまではやりますのでご理解の程よろしくお願いします。なお、志を理解し、応援してくれる方からの寄付も歓迎いたします。


Q.個人会員と法人会員の違いは?


A.法人会員には個人会員としての権利と共に以下の3点の権利が付与されます。

・勉強会や各種イベントなどに社員や友人の方を5人まで同伴することが出来る。(個人会員の場合は本人のみの参加となります)

・企業会員専用のSNSコミュニティに参加することができ、情報交換などを行うことが出来る。

・会員の個人事業主を中心として作られた企業グループに参加することが出来る。

以上の3点となりますが、特に企業グループへの参加は情報交換や人脈の形成、事業展開の幅の広がりという意味で個人事業主の方には大きなメリットがあると 考えています。(追記)平成22年5月現在はセキュリティの観点から最初から法人会員になることはできません。入会して実態を確認されてから法人会員に旨 を事務局までお伝えください。


Q.年会費のシステムを教えて


A.年会費は以下のように更新が行われます。

・会員の更新と年会費の納入は入会日関係なく4月に行われる。
・更新期の4月には事務局より、年会費納入の書類をお送りする。
・発送より1月以内に年会費の納入が行われなかった会員は「保留会員」となる。
・保留会員は勉強会の参加、動画配信などが一時的に停止される。
・保留状態の会員は年会費を納入することにより、即座に正会員として復帰することができる。
・退会される場合は退会届に署名捺印をし、事務局まで郵送していただくこととする。


 また、諸事情により年会費の更新が遅れた場合は1ヶ月間は保留状態となり、それ以降は除名会員になります。しかし、完全に会員資格を失効することはなく、会費の更新が行われ次第すぐに会員として復帰できます。保留状態のときに勉強会に参加することは出来ませんが、参加したい場合には会場で勉強会費とともに年会費を更新をしていただければその日の勉強会に参加できます。


Q.誰でも入れるの?


A.当会の性質や講師との兼ね合いなどの関係で入会にあたっては一定の基準を設けております。入会できる方は以下の条件を満たしている方のみとなります。

・18歳以上の日本国籍を有する男女
・日本のより良い将来を作るために協力したいと考える者
・インターネット上での言論活動の意義と効果を信じる者
・他の意見を尊重し、暴力的行為に訴えない者
・右翼団体、ヤクザ、極左団体などの反社会的集団に属していない者
・反日情報機関、あるいは反日的団体に属していない者

 Q&Aは以上となりますが、この他にも何か疑問に思うことがありましたら、気軽にお問い合わせください。


涼風会設立趣意書


  日 本のインターネット利用者は人口の半数にも達し、生活の様々な場面でインターネットが使用されるようになった。もはや、インターネットは社会インフラとし て浸透しつつあり、コミュニケーションツールとして個人と社会を繋ぐ存在だ。しかし、急激に拡大するインターネット世界は、新しい形の犯罪の発生、個人情 報の流出、知的財産権の侵害などの弊害も生み出している。このような課題には、国レベル、世界レベルの施策を中心としながら、各個人レベルでも広く連携し て改善していくことが必要だ。

 
か くして新しい情報インフラは作られた。だが、そこに厳しい規制や統制がされ、個人が自由に情報を発信できなければ、その意義は半減してしまうだろう。現に 無軌道な発達により、国や団体による規制や統制が生まれてしまうことも危惧されている。もし、それが現実のものとなり、情報や言論が特定の集団の手によっ て統制されてしまえば、情報インフラとしての健全で正常な発達は難しい。大きな可能性を自らの手で潰してしまい、国益すら損ねる愚かしい将来が待っている だろう。

 
か つて敗戦後に社会システムが再構築されたときに、情報操作と、そこから生まれた自虐史観が、優位と安全を保障された上での売国思想を作りだしてしまった。 そしてそれに多くの言論媒体が侵食され、若者たちの教育を堕落させ、売国奴・工作員の暗躍を許し、国益を損ねた歴史があった。

 
い まインターネットを中心として再構築されつつある社会システムにおいて、その過ち繰り返してはならない。その正常な成長を守るためには、国益を重視し、日 本人の良き伝統と文化をさらに発展させていく素地を作らねばならない。そして、その磨き抜かれた日本人の資質をもって世界各国と切磋琢磨していくべきなの だ。

 
我 らがインターネット上からその一助を担うには、まずは自身の責任のもとに情報を発信していくことの大切さを理解すること。そして、国益に付いて深く考えて 学び、日本の将来を支える健全な情報インフラを形成に活用していくという気概を持つことが必要となる。インターネット利用者各自が活発な情報発信の場を 守っていき、そこから生まれる秩序を大切に守っていくことで自由で健全な情報インフラは形成されるのだ。

 
以上の目的のもとに、インターネットの力を信じる有志の心を結集し、ともに知識見解を磨き、発信の場を一致団結して守っていく勉強集団「涼風会」を設立することとする。いまこそ国益への理解を深め、日本を守る力ための力を!










趣旨をご理解していただけたら会則

すずかオフィス 〒173-0033 東京都板橋区大山西町52-12-701

■ 関連サイト ■

   
copyright(C) 2007 Ryofu-kai ALL Right Reserved