設立趣意書  ・会則  ・入会案内  ・活動報告
第4回涼風会勉強会「歴史認識」


 諸事情により延び延びになっていた第4回勉強会もやっと12月7日に開催することができました。今回のテーマは「戦争における日本の歴史認識」で、主に南京事件に関する歴史認識を中心にその解説と国会の動きを勉強しました。

 今回の講師には自民党衆議院議員の戸井田とおる先生とジャーナリストの水間政憲さん。このお二人は自民党内に南京問題を研究する小委員会を作り、国会での正しい歴史認識を追及されている熱血コンビです。

 今回は講師の先生がお二人ということでトークセッションという形での講演となりました。

(会員の方には動画配信中です)



 会場には25名の会員が集まり、星陵会館の落ち着いた雰囲気の中で講演は開始されました。

 水間先生による南京問題の説明や、戸井田先生による国会での活動などから話は始まり、南京問題を巡る文化人たちの動きや、外務省の反応など様々な事件の解説がありました。

 その後は参加者だけに配られた「本当は日本に原子爆弾は3発落とされていた」という驚きの資料についての解説もあり、会場の熱気は高まります。



 講演が終了した後は恒例の講師を囲んでの質疑応答です。先生方に各テーブルを15分ずつ回っていただき、1人1人の質問に丁寧にお答えいただきました。

 少しのお酒も入ったからか、先生方の話が過激すぎたのか、質疑応答は盛り上がりました。ただ、会場が異常な興奮に包まれて、テーブル移動の時間になっても先生方の話が終わらず、貸しきり時間の関係もあって事務局は冷や汗ものでした。

 絶えぬ質問の嵐のなかで、あっという間に終了予定時間をとなり、第4回勉強会も無事に終了しました。次回からは質疑応答の時間をもっと長く設けようかと悩んでしまう、楽しい勉強会でした。









すずかオフィス 〒167-0022 東京都杉並区下井草 3-41-19-2F
■ 関連サイト ■
   
copyright(C) 2007 Ryofu-kai ALL Right Reserved